ネット上のモラルと想像力

 

この記事を書いている人 - WRITER -

美味しいものが大好き♡『世界の料理を食べに行こう!大人の遠足』という企画に月1で参加してます。

 

 

 

「ネット上はパクリあいだ。」なんて話を最近よく聞くなー、なんて

他人事のように思っていたら、なんと、自分も近い状況に巻き込まれてしまいました。

 

他のサイト(『サイトD』としておきます)に直リンク貼られてて、

「パクられた」に近い状態になってたんですよ。

 

この顛末を備忘録的に書いておきたいと思います。

 

事の顛末

見慣れないアクセス元に飛んだら、直リンク発見

そもそも何があったの?

こぶちゃん

 

アクセス解析を見てたら、見慣れないアクセス元があったの。

だから、「あれ?」と思って飛んでみたのよ。

そしたら、ある同業者『サイトD』の日記スペースでね、あたかも、『サイトD』の人が書いたかのように私のブログが使われてたのよ。

万の種あひる

そんなことがあるんだね!

こぶちゃん

そうなのー!びっくりしたわ。

万の種あひる

 

 

それを見つけたときには、「なんでなんで?」という驚きと、

「同業者がそれするってどういうことだーっ・・・」っていう悲しみと、怒りと。

久々に感情がかき乱されたのでありました。

 

で、即座に削除して貰おうと文面を書いてみたのだけど、

めっちゃキツイ文面になってるやん・・・^^;

 

 

こりゃ、アカンー。

 

 

そうだ。

感情が揺れている時は文章書いちゃいけない。

 

と、思い出しまして。

 

 

あっぶなー。冷静になろう。落ち着け、餅つけ~。

万の種あひる

 

ってことで、

自分の立ち位置から離れて、相手の立ち位置で想像してみることにしました。

 

相手を色々と想像してから、行動を起こす

相手はどんな人だろう?

 

相手の方は同業者です。

要するに塾の先生(経営もされているようでした)。

『サイトD』の人は、たぶん、この記事を気に入ってくれたんだろう。

だから、使いたいなあって思ったんだよねえ。

読んでくれて、気に入ってくれたってことはありがたい。

そこはお礼を言おう。

 

それと、心を大事にする教育をしてる人みたいだから、

心が傷ついたことを伝えれば、「悪かったなー」ってきっと素直に思ってくれるはず。

 

よっしゃ。

コレを踏まえて文をつくるべー。

万の種あひる

 

 

相手の心に響きそうな文面を作成

 

相手のことを想像しつつ、その人に話すつもりで文面を書いてみました。

 

【直リンクはご遠慮ください。】

○○○(サイトDのリンク)に掲載されている
2017/09/16「子どものテストが返却されたら・・・」の元原稿

http://wp.yorozunotane.blue/test-mental-up/
を書いたものです。

私の記事を見つけて、「いい記事だな」と思ってくださったのですね。

それはありがとうございます。

ただ、直リンクは誤解を招きますので、ご遠慮いただきたいのです。

私も塾を経営しておりまして、全くのオリジナル記事として書いています。

この記事にまとめるのに、数日の時間を要しております。

何度も遂行を重ね、1万字も2万字も書いて、そこから削って、時には、全く方向転換をしてイチから書き直して・・・と、

とてもとても苦労して書いているんです。

(もともと書くのは得意ではありませんから、よく夢でも書き続けています)

そうやって苦労して書いた記事が、直リンクの形になっていますと、

私がまるでそちらの関係者のように見えてしまいます。

それに、著作権も侵害されたと感じます。

直リンクを見つけてしまった時は本当に本当に悲しかったんです。

どうか、私の苦労した時間と心に突き刺さった悲しみを汲んで、直リンクを外していただけないでしょうか。

同じ人間として、きちんと考え対応してくださることを願っております。

万の種 あひる

 

 

相手の反応

 

先の文面で先方に送りましたらば、深い謝罪とともに、

あっさりリンクを外してくれました。

 

よかった~。

 

やっぱり、話の通じる人だった。(ラッキーだったねえ)

人間相手はどこまでいっても想像力だ

 

私、以前はこういう交渉事とか、お願いとか、とても苦手で^^;

 

感情のままに伝えて失敗するとか、

相手のことまで想像できなくて、暴言がすぎるとか、そんなことがありましたw

 

でも、大事なのは、

感情をぶつけることでもないし、相手をねじ伏せることでもない。

 

 

「禍根を残さずに、私の望み(リンクを削除すること)を叶えるための相手の行動を引き出すこと。」

(無駄に恨まれたり、後味の悪い思いをする必要はありません)

 

 

なので、それには、

相手の背景とか心理状態とか価値観とか、想像できるだけ想像してみる一手間が大事なんですよね。

 

そうやっているうちに、自分も冷静になれるしねぇぇ。

ちょっとは大人になったかー。

こぶちゃん

君に言われたくないけどねええw

万の種あひる

 

今回は、たまたま素直な方だったので、あっさり終わって良かったです。

 

でも、今後を考えたら、色々と自衛策を考えなくては、とも感じています。

 

自衛策

吹き出しやイラストなど入れるとパクられにくい

 

以前、『いわきで子育て。しながらブログ』の松本美沙さんに教えてもらってから、吹き出しをなるべく入れるように意識しています。

今回直リンクを貼られた記事も、少し吹き出しを使っていたので、コピペまでされずに済んだのかもしれません。

 

プロフィールを工夫する

 

どこの誰だか分からないプロフィールだったので、仕事用のブログ

どこで仕事しているか、どこに所属しているかを明記しました。

もし直リンクを貼られても、そこの関係者だと誤解されないようにしたいからです。

 

☆☆☆

 

ブログやっていると色々とぶつかったり考えたりすることが出てきますねえ。

まだまだ構築途中のブログですから、色々と自衛のことも頭にいれつつ、これからもやっていかなくちゃです。

 

本日のまとめ。

 

  • 直リンクやコピペは他人事じゃない。
  • 感情が揺れているときに文章は書かない。
  • 対人間は、『想像力』と『心理学』が必須。

 

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -

美味しいものが大好き♡『世界の料理を食べに行こう!大人の遠足』という企画に月1で参加してます。

Copyright© laboratory 365° , 2017 All Rights Reserved.